Nippon Auto Centre Ltd. map
営業時間
お任せ下さい!
ニッポンオートセンターはBC州自動車販売業協会(Motor Vehicle Sales Authority of British Columbia)から認可された登録自動車ディーラーです。 Dealer No. 30979
Motor Vehicle Sales Authority of British Columbia
利用いただけるカード

くるま屋の日記 in カナダ

2012年07月26日

デント修理

皆さまこんにちは!7月も終わりに差し掛かろうとしていますが、お陰様で納車、ご商談と忙しくお仕事をさせていただいております。 この場をかりてお礼を申し上げます、ありがとうございま〜す!

さて、今日はデント修理のお話を、デントとは小さな凹みですがディングなんて言い方もします。 ショッピングモールやスーパーマーケットに駐車していたらショッピングカートがドン!なんてご経験はありませんか? 知らずうちして結構クルマのボディーには小さな凹みができるものです。 浅い角度からクルマの側面をよ〜く見てみてください。 もしかしたらデントが一つや二つあるかも知れません・・・ 通常の修理ですとクルマのボディーを板金職人が”叩き、パテを盛り、サンディング、塗装”をして修復をする訳なんですが。 北米ではPaintless Dent Removalと呼ばれる特殊な棒で凹みを内側から出すテクニックが広く普及しています。 要は塗装をすることなく凹みをとってしまうと言うことなのです。 一見簡単そうに見えるのですが、塗膜はガラスの様なものですから暖めたりして塗装にダメージを与えないよう注意を払いながら少しずつ凹みを出していくのです。 ナカムラも古いクルマの凹みを工具や棒で出すことを試みたことがありますが、次元が違います。 デント職人Ronの手に掛れば大半のケースですと跡形もなくデントが消えてしまうからあら不思議!

DSC05338.JPG


























使用するのは特殊鋼でできたたくさんの種類の棒
DSC05343.JPG


























ゴルフバッグが彼の工具箱?!
DSC05346.JPG


























スライドハンマーの先端にホットグルーをつけて凹みを取ったりもしちゃいます。
DSC05347.JPG


























クルマのボディーを塗装するということは大掛かりになりますし、避けれるものなら塗装などしないことが一番です!愛車に気になる凹みはございませんか? 少ない費用で満足していただける結果がお見せできると思います。 ニッポンオートセンターではデント修理のアレンジもさせいただきます。 デント職人は出張修理ベースで対応しておりますので、弊社までお持ちいただけなくてもオフィスやお住まいまでお伺いして対応させていいただけます! 是非ともご自身の目で職人のマジックのようなスキルをお確かめください!
ニッポンオートセンター 604-777-AUTO (2886)
posted by Nippon Auto Centre at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

クラッチ交換

皆さまこんにちは!バンクーバーはようやく夏らしい天気になってきました! 過ごしやすい気温と湿度のお陰で重作業もはかどっています。 最近、マニュアルトランスミッションにつきもののクラッチ交換をよくしますので今回はそのお話を。 運転の仕方で寿命が大きく変わる部品ではありますが、クラッチ滑りを感じてから一気に悪化するスピードがあがるのがこの部品の特徴です。 最近ではオートマ車が主流ではありますが、クラッチの状態が良ければそう多くのトラブルを招かないのがマニュアルトランスミッションの良さでもありますね。 私と一緒で単純ということです。 しかし交換時期を無用に引き延ばしますとフライホイールの表面を傷めてしまったりしますので注意も必要です。 

トランスミッション脱着がともなう修理ですのでちょっと大掛かりですが、弊社では作業がレイバーブック(基準工賃)を下回る時間で完了した場合は実際に掛かった時間しかいただきません。 もちろんレイバーブック以上の時間を要してもその場合にはチャージいたしませんよ。

DSC05317.JPG



























クラッジディスクのリベットがここまで出ていますから使い切った感じです。幸いフライホイール側のダメージはありませんでした。

DSC05314.JPG



























トランスミッションを脱着するついでにリアメインシールというフライホイール裏のオイルシールも現時点で漏れは確認されませんが、交換しておきます。 値段は20ドル前後の部品なんですが、後で交換ともなりますとまたトランスミションの脱着が必要になりますから保険みたいなものです。 当然レリーズベアリング、プレッシャープレートも交換になりまーす。 部品はすべて純正同等部品を使用いたします、生産元が同じでも入れる箱に自動車メーカーのロゴが入っていかそうでないかの違いですね。 この部品はExedy(ダイキン)というメーカー製でMADE IN JAPANでした。 日本語の取説がついてくると何か嬉しい!

DSC05321.JPG



























ニッポンオートセンターに小さすぎる整備も大きすぎる整備もありません。 販売する中古車も妥協をせずにリコンディションして販売いたします。 修理のご相談も何なりニッポンオートセンターまでお問い合わせください! 604-777-AUTO(2886)
posted by Nippon Auto Centre at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | misc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月24日

新車仲介させていただきました!

平素はニッポンオートセンターをお引き立てくださいまして心からお礼申し上げます。 さて、最近ではどの自動車メーカーもあらゆるキャンペーンを実施しており、今までになく新車がお求めやすくなっていると実感いたします。 先日、2012 TOYOTA VENZA LE AWDの新車仲介をさせていただきました。 どうも有り難うございました! とても良くパッケージングされたクルマだと感じました。 このVENZAはビジネスから遊びまで何でもこなせる印象を受けますね。 今回はリースでのご契約でしたがキャンペーン期間だったことにくわえ、弊社が介在したことでお客様にとりましても有利な条件を引け出せたと自負しております。 お客様が今までお乗りになられておりましたお車も弊社で合わせて下取りをさせていただきました。 新車ディーラーでは下取り価格のつきにくい車種やコンディションでありましても、弊社では柔軟に対応させていただきます!

IMG_0201.JPG


























お車の購入は新車、中古車を問わずいろいろな要素を考慮しなくてはならず大変複雑です。 リースやファイナンシング等は特にご契約内容、条件を正確にご理解されてご契約されることが大変に重要になってまいります。 お車に際してご不明なこと疑問に感じることがございましたら何なりニッポンオートセンターまでお問い合わせください。 604-777-AUTO(2886)  弊社が直ぐにお答えできません内容である場合は取引会社の専門部署に確認をさせていただき私共も一緒に勉強をさせていただきます!
posted by Nippon Auto Centre at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | Info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

船旅

船旅と書きましたがナカムラが船に乗ってどこか行くというお話ではありません・・・ 先月から今月にかけて数台のクルマを日本へ輸出する機会がありましてクルマが船に乗って日本に行くというお話です!ニッポンオートセンターでは北米仕様車の調達、輸出からお引越しに際してカナダでお乗りになられていた愛車の国内登録までお手伝いまださせていただいております! 円高の今だからこそ北米仕様車をお乗りいただく最高の機会だと考えています。 日本国内においては経験豊富な協力会社が通関手続きから車検まで安心のサービスをご提供いたします。 日本国内の自動車販売業者様もニッポンオートセンターまでお気軽にお問い合わせください!

このバスタブのような大きな船はRORO船と呼ばれています。(Roll On Roll Off) つまり自走式ということです。 このLuna Spritは日産専用船で3300台も積むことができますが、大きな船になると6000台近く積むことができるというから恐ろしい! 路線バスのようにたくさんの港に寄港して1ヶ月後にまた戻ってくるのです。 この後はTacoma(シアトル) - LA - 横浜 - 名古屋 - 大阪 - 苅田(福岡)の順番で。 時間があったらこの船に乗って一緒に旅がしたいものです!洋上で10日間か〜! S様のNissan Frontierを載せたWorld Spritがそろそろ横浜に着く頃だな〜。
IMG_0211.JPG


























福岡から来たばっかりのNISSAN ROGUEがずらり
IMG_0208.JPG


























三菱i-MiEVがお迎えを待っていました。 
IMG_0209.JPG
posted by Nippon Auto Centre at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | misc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月09日

トランスミッションオイル

クルマにはエンジンオイルとならんで大切なオイルがあります。 オートマチックトランスミション内にATFとよばれるオイルが入っています。 定期的な交換を怠るとトランスミッションの寿命にも大きく影響を及ぼします。 トランスミッション下部のドレインプラグからオイルを抜くこともできますが、全体の容量の約4割程度しか抜くことができません。 定期的に実施していればドレイン&補充でも適切なコンディションを維持できますが、オイルの状態が悪い場合には全量の交換をすることをお勧めします。 ドレイン&補充を何度も繰りかえし汚いオイルを薄めることも可能ですが、時間も掛かりますし、たくさんの新しいオイルを無駄にし環境にも良くはありませんね。 ニッポンオートセンターでは専用の排出と補充を全自動で行う機械を使用し、弊社で販売する中古車のATFもこの機械を使用し交換しております。 新品のAFTはピンクっぽい赤色です。 機会がありましたらトランスミッションのディップスティックを抜いてみて白い紙にオイルをつけてみてください。 黒っぽく変色していたら要注意です。 早めの交換をお勧めいたします。 トランスミッションは大変精密な機械でして各メーカー多種のATFを使用しています。 多くのショップでは汎用のオイルを使用しているのが現状ですが、ニッポンオートセンターではメーカー指定スペックの確かなオイルを使用いたします。 トランスミッションをベストなコンディションで保つためにはATFの管理は非常に大切だと思います。 定期点検・整備もニッポンオートセンターにご相談ください!
DSC05277.JPG


posted by Nippon Auto Centre at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月24日

イアンさんどうも有り難うございました!

バンクーバーは夏の到来が遅いですが、カラッとした気候でコンバーチブルを乗るのには最高に気持ちいい時期かもしれません。 先週になりますが、BMW Z4を納車させていただきました。 ナカムラがこの時期に乗ろうと低走行のマニュアル車を調達し、気合を入れてタイヤ、ブレーキを含めたビッグな整備を施したクルマであったのですが、夏を待たずして納車する運びとなりました。 お客様のIanさんも完全に仕上げられたZ4を大変気にってくださいましたし、私としましてもお客様が満足してお車をお求めくださるのは本当に嬉しい話です! 

DSC05249.JPG


























ご来店のきっかけはと言いますと、前回のブログで弊社の車両を映画に貸し出すとのお話でしたが、なんとIanさんも映画関係者でありまして、業界の方からの紹介でご来店の運びとなりました!聞いた話だと映画業界は人のつながりが非常に強いのだと!これでナカムラも映画業界に進出か〜!!それはどうか分かりませんが、Ianさんにご自身の会社をブログ上でご紹介しても良いよと言ってもらいましたので、是非!Ianさんはご自身で映画で使う車両やユニフォームを映画製作会社にレンタルする会社を経営しています。 www.phoenix1.ca ウェブサイトを見ていただくとお分かりになると思うのですが、軍用車、軍服、消防服、警察関係の制服まで実に幅広い品揃えです。 私は関東の米陸軍基地のガレージで仕事をしていたこともあり、軍用車に関してオタクレベルに詳しかったりします!そんな話の流れで時間をみて彼の所有しているホンモノの装甲車を今度運転させてもらえることになりました〜!!!こんな機会は滅多にありませんから! いや〜映画関係のビジネスも奥が深いですね〜!彼のウェブサイトの一番右のCREDITSっていうところクリックしてみてください。 彼の会社が携わった映画、テレビシリーズが見れますから! 軍用車の運転今から楽しみだな〜!
posted by Nippon Auto Centre at 07:20| Comment(0) | TrackBack(0) | Nippon Customer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

HOLLYWOODデビューします!

バンクーバーは映画撮影、ドラマ撮影やらテレビCM撮影までロケで使われることが多いのです。 HOLLYWOOD NORTHと呼ばれるほど北米では有数の映画撮影の街だったりします。 弊社のお客様にも第一線で活躍される映画製作関係者がいたりとか。 で、ついにナカムラに映画出演のオファーが来たと思いきや!弊社が下取リをして業者オークションにでも出品しようとしていたピックアップトラックに声が掛かりました! 映画にて使用する劇用車を専門に手配する会社があり過去にクルマを貸した縁でお話がありました。 その会社のヤードにはNYPDのパトカーから路線バスまで何でもあります! 映画の設定の街にあわせてパトカーなどは塗り替えられるのでしょう。 うちがお出しするクルマははっきりいって古くてボロいですがきっと映画の設定にピッタリなのでしょう。 お金を出してこんなクルマを借りてくれるのですから有難い話です!ついでに爆破でもして欲しいくらい!? ココだけの話で絶対に内緒と言うことで映画名を教えてもらいました!これは内緒ですので言えましぇーん! 忘れたころに映画が封切りなると思いますが、その時はうちのトラックがどこに登場するか探してくださ〜い!

クルマを運転していると街でよく見かける看板、看板の案内に従って行くと撮影現場に着くというわけ。
人が寄り付かないような場所で撮影することも多いのでしょう、これがあればスタッフも迷いません!
看板には"M VS W"と書いてあります。MEN VS WOMENの略?そんなドラマあったけな?
IMG_0134.JPG


























この96年式のパープル色のISUZU HOMBRE(オンブレと発音)は北米で一番レアなピックアップかもしれません。
フロント周りのデザイン以外はGMのS10というトラックと中身は一緒で生産も同じルイジアナのGMの工場で
生産されたトラックになります。 2.4Lエンジンにマニュアルトランスミッションでエアコンレスのうえ全て手動です・・・
映画ではスポンサーの絡みもあるでしょうから、あえて正体不明な車両を使う必要があるのかも知れませんね。
IMG_0135.JPG
posted by Nippon Auto Centre at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | misc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

お帰りなさいTご夫妻、サニーくん!

本日、神奈川県は湘南からお越しのTご夫妻が約10ヶ月間の北米周遊旅行からお戻りになり
バンクーバー国際空港からご帰国の途とつかれました。
途中にヨーロッパへの出国と再入国をはさみ、10ヶ月間で4万5000キロを走破されました!
お世辞にも新しくはない1994年式の日産セントラ(日本名サニー)ベースグレード
(5速マニュアルトランスミッション、エアコン無し、パワーウィンドウ無し)でカナダ最東端の地ニューファンドランドから
アメリカ最南端のフロリダキーウェストまで隅々を運転されました。(メキシコにも行きましたよね?!)
Mr. Tは日本で飛行機、船、クラシックカーなどの私が羨む乗り物をすべてご所有されていて、機械にも大変
明るいかたとの印象を受けました。 あえて、低年式のシンプルなクルマでアドベンチャーに出る姿が男らしいです!
弊社でも可能な限りの整備を施してご旅行に出られましたが、旅行中も各所を整備されワックス掛けまで
してくださったお陰で、なんと最初よりコンディションが良くなって帰ってきたと言う嘘みたいな話がオチです!
ご夫妻はこのセントラを”サニーくん”と呼ばれ本当に可愛がってくれました。 有り難うございました!
東海岸のトロントまでは2往復!LA, ラスベガスは朝飯前・・・脱帽です!
私も今日はサニーくんに乗って帰宅をします。 旅の話をサニーくんからも聞けそうな気がします。
DSC05247.JPG


























ライセンスプレートは日本にお持ち帰りになりましが、またバンクーバーに来られる時には同じプレートが使えます
からその時は忘れずにお持ちになってください! 再利用をされますとプレート代18ドルがセーブできますからね!
日本だとクルマが変わるとプレートも新しくなりますが、カナダでは再利用ができま〜す!※一部車種を除く
余談になりますが、この日産セントラ(サニー)はメキシコ製でB13型系と呼ばれるモデルです。
2ドアのクーペは結構レアな存在です。 メキシコでは日産ツルという名前で現行モデルとして販売されています!
タクシーからパトカーまで日産ツル、メキシコではVWビートルと並んで不死身の国民車なんですよ〜!

私もこんな旅がいつの日か妻とできたらいいと思います。 お金を出せば便利で快適な旅は出来ますが
お金じゃ買えない旅もありますからね! アドベンチャーがしたくなってきた〜!!
posted by Nippon Auto Centre at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | Nippon Customer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

2006年式 NISSAN X-TRAIL 納車させていただきました!

1年間バンクーバーに滞在を予定させておりますM様に2006年式NISSAN X-TRAILを納車させていただきました。
M様この度はニッポンオートセンターをご用命くださいました誠に有り難うございました!
弊社でご用意させていただきました車両でございますが、新品タイヤ、ブレーキをはじめとことん新品部品交換
を含んだ整備を施して納めさせていただきました。 
弊社のポリシーは目に見えない箇所の部品も妥協せずに交換し整備を施すことです!
入念に整備させていただき品質保証をお付けして納めさせていただくことで双方に安心を生むと考えております。
M様は1年間と短期のご利用ですが、事前に買戻し率を設定しての販売となります。 
ご帰国の直前までお乗りいただけますの利便性はもとより経済的なプランだと自負しております。
良質な中古車のお求めをはじめ、短期間のご利用も何なりニッポンセンターまでお問い合わせください。
お客様のニーズに合いましたご提案をさせていただきます!

M様、バンクーバーでの生活をお車を使って満喫してくださ〜い!

DSC05234.JPG
posted by Nippon Auto Centre at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | Nippon Customer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月15日

TOYOTA TUNDRAを納車させていただきました。

日頃はニッポンオートセンターをご利用いただきまして誠に有り難うございます!
昨日、新車のTOYOTA TUNDRA SR5 TRD OFFROAD PKGを仲介、納車させていただきました。
郊外にお住まいなるDCさんから低年式の中古車両をご用意するようリクエストいただいたのですが、
中古価格が高く推移するトヨタのトラックは中古の割安感がないことに加え、
新車フルサイズトラックはビッグなディスカウントが引き出せることもあり新車を仲介さえていただく運びとなりました。 
TRD OFFROAD PKGはカッコいいですね〜!
やっぱりベースモデルより見た目が映えますね! 当然、新車ですから充実したメーカー保証もついてきますし、
お客様にとってはご賢明なお買い物だったと自負しております。 DCさん有り難うございました! 
IMG_0118.JPG


























男らしいトラックです!
IMG_0117.JPG



























posted by Nippon Auto Centre at 02:41| Comment(0) | TrackBack(0) | Nippon Customer | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。