Nippon Auto Centre Ltd. map
営業時間
お任せ下さい!
ニッポンオートセンターはBC州自動車販売業協会(Motor Vehicle Sales Authority of British Columbia)から認可された登録自動車ディーラーです。 Dealer No. 30979
Motor Vehicle Sales Authority of British Columbia
利用いただけるカード

くるま屋の日記 in カナダ

2013年07月17日

お友達紹介します!

本日、新しいお友達が引っ越してきました! 私より6つ年上の1970年生まれで名前はロータスエランくんです。 イギリス生まれ北米西海岸育ち、とっても元気な中年男子です! ボディーはとても43歳とは思えません。 これも何かのご縁でお友達になることができました。 週末はナカムラが連れ回していますが、普段は店の隅っこで大人しくしていますので仲良くしてやってください。 頼むからあんまり世話を掛けないでくれよエランくん!

IMG_0869.JPG
IMG_0864.JPG
posted by Nippon Auto Centre at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | misc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月07日

クラッチ交換

皆さまこんにちは!バンクーバーはようやく夏らしい天気になってきました! 過ごしやすい気温と湿度のお陰で重作業もはかどっています。 最近、マニュアルトランスミッションにつきもののクラッチ交換をよくしますので今回はそのお話を。 運転の仕方で寿命が大きく変わる部品ではありますが、クラッチ滑りを感じてから一気に悪化するスピードがあがるのがこの部品の特徴です。 最近ではオートマ車が主流ではありますが、クラッチの状態が良ければそう多くのトラブルを招かないのがマニュアルトランスミッションの良さでもありますね。 私と一緒で単純ということです。 しかし交換時期を無用に引き延ばしますとフライホイールの表面を傷めてしまったりしますので注意も必要です。 

トランスミッション脱着がともなう修理ですのでちょっと大掛かりですが、弊社では作業がレイバーブック(基準工賃)を下回る時間で完了した場合は実際に掛かった時間しかいただきません。 もちろんレイバーブック以上の時間を要してもその場合にはチャージいたしませんよ。

DSC05317.JPG



























クラッジディスクのリベットがここまで出ていますから使い切った感じです。幸いフライホイール側のダメージはありませんでした。

DSC05314.JPG



























トランスミッションを脱着するついでにリアメインシールというフライホイール裏のオイルシールも現時点で漏れは確認されませんが、交換しておきます。 値段は20ドル前後の部品なんですが、後で交換ともなりますとまたトランスミションの脱着が必要になりますから保険みたいなものです。 当然レリーズベアリング、プレッシャープレートも交換になりまーす。 部品はすべて純正同等部品を使用いたします、生産元が同じでも入れる箱に自動車メーカーのロゴが入っていかそうでないかの違いですね。 この部品はExedy(ダイキン)というメーカー製でMADE IN JAPANでした。 日本語の取説がついてくると何か嬉しい!

DSC05321.JPG



























ニッポンオートセンターに小さすぎる整備も大きすぎる整備もありません。 販売する中古車も妥協をせずにリコンディションして販売いたします。 修理のご相談も何なりニッポンオートセンターまでお問い合わせください! 604-777-AUTO(2886)
posted by Nippon Auto Centre at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | misc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月15日

船旅

船旅と書きましたがナカムラが船に乗ってどこか行くというお話ではありません・・・ 先月から今月にかけて数台のクルマを日本へ輸出する機会がありましてクルマが船に乗って日本に行くというお話です!ニッポンオートセンターでは北米仕様車の調達、輸出からお引越しに際してカナダでお乗りになられていた愛車の国内登録までお手伝いまださせていただいております! 円高の今だからこそ北米仕様車をお乗りいただく最高の機会だと考えています。 日本国内においては経験豊富な協力会社が通関手続きから車検まで安心のサービスをご提供いたします。 日本国内の自動車販売業者様もニッポンオートセンターまでお気軽にお問い合わせください!

このバスタブのような大きな船はRORO船と呼ばれています。(Roll On Roll Off) つまり自走式ということです。 このLuna Spritは日産専用船で3300台も積むことができますが、大きな船になると6000台近く積むことができるというから恐ろしい! 路線バスのようにたくさんの港に寄港して1ヶ月後にまた戻ってくるのです。 この後はTacoma(シアトル) - LA - 横浜 - 名古屋 - 大阪 - 苅田(福岡)の順番で。 時間があったらこの船に乗って一緒に旅がしたいものです!洋上で10日間か〜! S様のNissan Frontierを載せたWorld Spritがそろそろ横浜に着く頃だな〜。
IMG_0211.JPG


























福岡から来たばっかりのNISSAN ROGUEがずらり
IMG_0208.JPG


























三菱i-MiEVがお迎えを待っていました。 
IMG_0209.JPG
posted by Nippon Auto Centre at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | misc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。