Nippon Auto Centre Ltd. map
営業時間
お任せ下さい!
ニッポンオートセンターはBC州自動車販売業協会(Motor Vehicle Sales Authority of British Columbia)から認可された登録自動車ディーラーです。 Dealer No. 30979
Motor Vehicle Sales Authority of British Columbia
利用いただけるカード

くるま屋の日記 in カナダ

2013年06月18日

弊社移転します!

皆さま平素はニッポンオートセンターをご愛顧いただきまして心から感謝申し上げます。 さて、タイトルにもあります通り弊社7月初めから新しいロケーションにて営業をさせていただきます! 皆さまご安心ください!現在の店舗のありますKINGSWAY沿いに約300メートル西の方向へ移動します。 ナカムラが本気でダッシュしますと50秒くらいでしょうか! 現在はKINGSWAYの南側に位置しておりますが新しい店舗は北側となります。 目印としましては日系センター向かいになりまして、弊社店舗に向かって左にはMR. HO WONTON HOUSEというチャイニーズレストランがございます。 旧店舗は整備スペースも手狭になりまして、今まで以上にお客様にとりましてもより良いサービスをご提供できないかと考えましたうえで判断させていただきました。 より一層の顧客サービス向上を念頭に商売をさせていただく次第でございます。 今後ともニッポンオートセンターをどうぞ宜しくお願い申し上げます。    

旧店舗所在地: 7112 KINGSWAY, BURNABY, BC V5E 1E8
新店舗所在地: 6755 KINGSWAY, BURNABY, BC V5E 1E4

電話番号、ファックス番号、E-MAILアドレスの変更はございません。

移転準備中、皆さまにはご迷惑をお掛けすることもあるかと思いますが何卒どうぞ宜しくお願い申し上げます。

ナカムラは自ら高所作業車に乗って建物のサイディング張ったりしてま〜す!

IMG_0748[1].JPG


posted by Nippon Auto Centre at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

TPMS

皆さまコンニチハ、4月中旬になりますが弊社のあるバーナビーは何だか肌寒い日が続いております。 近くの日系センターではサクラフェスティバルが開催されていましたので息子を連れて見に行ってきました。 和太鼓の大きな音に15ヶ月の息子はたいへん興奮しておりました!

さて、お題にございますTPMSってご存知ですか?Tire Pressure Monitoring Systemの略になります。 各タイヤの空気圧をセンサーがモニタリングしていて規定圧から外れている場合は警告灯が点灯するという訳です。 タイヤの外周をスピードセンサーが計算するインダイレクト式というシステムもありますが精度から言いますと現在主流となっている空気圧を測定するタイプのダイレクト式の方が正確かと思われます。 前置きが長くなりましたが、このシステムカナダでも装着されているクルマが大変多くなりました。 お隣のアメリカでは2007年モデル以降に販売される新車ヘの装着が義務となりましたので近いうちにカナダでも同じような動きになるかも知れません。 タイヤ空気圧が起因する事故の防止や環境対策として有益ではないかと。 このシステム実に素晴らしいのですが、センサーの中に電池が内装されていて電池ですから寿命がくるのです・・・ タイヤ圧警告灯が点灯して空気を入れても警告灯が消えない場合はチェックが必要になります。 最近、弊社でも2005年モデルくらいのモデルの電池切れによる不具合をよく経験しております

TPMSセンサー、バルブステムと一体になっています。 この中に入っている電池は交換できませ〜ん。 ヨーロッパ製が多いですね。
DSC05631.JPG


























この警告灯が点灯したらまずはタイヤ圧のチェックを!ハイエンドモデルはスペアタイヤにもTPMSが装着されていますのでお忘れなく!
DSC05603.JPG


























TPMSが正常に作動しているか、また新しいセンサーのプログラムには専用端末が必要になります。 弊社では冬用タイヤのホイールセットにTPMSをお取り付けすることも可能ですのでお気軽にご相談ください! この端末では装着されているTPMSのコードを冬用タイヤセット用にクローン化させることができますのでタイヤ交換時に厄介な再プログラムをする手間が省けます! TPMSのことでご不明なことがございましたら何なりニッポンオートセンターまでお問い合わせください! 604-777-AUTO(2886)
DSC05592.JPG
posted by Nippon Auto Centre at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | Info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月31日

空港送迎

皆さまコンチニハ、今日のバーナビーも気持ちいい晴天です! 今週末はイースターウィーケンドということもありお店の方は月曜までお休みを頂いております。 火曜日から通常通りの営業をさせていただいております、何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、今月はYVR(バンクーバー国際空港)まで弊社のお客さまをたくさん送迎させていただきました!ご留学やご赴任等で日本からお越しになるお客さまとはご来店前にEメール等でお打ち合わせさせていただき、到着したその日にお取り置きさせていただいたお車を納車させていただくことも可能です。 バンクーバー郊外は日本ほど公共交通機関が発達しておりませんから到着したその日にお車があると何かと便利ですね! レンタカーを到着後にご利用になる方法もございますが費用や返却することなどを考えますと少々厄介ですね。 日本では自動車の登録に際して所轄の陸運事務所でナンバープレートの交付を受けたり、事前に書庫証明をとったりと何かと時間を要しますが、弊社がご案内させていただお車はすべて入念な整備を施しておりますのですぐにでも納車させていただくことが可能なんです!専任の保険エージェントがナンバープレートの交付をすることもできますので、自動車の登録業務から自動車保険の加入まで弊社でワンストップにて対応させていただけます。 日本語対応のGPSナビゲーションもございますし、運転の練習も一緒にさせていただきます。 ご要望があればお住まい、ご滞在先までお求めになられましたお車をお届けすることも可能でございますのでご安心ください! 詳細な情報をEメールでお打ち合わせすることも可能ですし、実際にご来店いただいてからご検討いただくことも可能でございます。 事前にご予約いただければバンクーバー国際空港までお迎えにあがることも可能でございますので何なりご用命ください! ご帰国前のお車のご売却に際して空港までお送りすることも可能ですので何なりご相談ください。 
4361460602_b1a56687a1_z.jpg


























バンクーバー国際空港の到着口でお待ちしております!
ご留学、ご赴任に際してのお車のご用命はニッポンオートセンターがお手伝いさせていただきす!
posted by Nippon Auto Centre at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Info | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。